トンカットアリで元気回復!

|今のところ、トンカットアリには副作用はないと言われています。

トンカットアリの副作用

トンカットアリは古くからマレーシアで民間薬としての歴史があり、副作用の心配はなく安全性に問題はありません。

白ラットの過剰投与の実験では、体重1kgあたりトンカットアリ2000mgを一度に与えたところ臨床上の変化や死に至る症状は見られなかったと報告があります。

しかも病理解剖をした結果も変化は発見されなかったそうです。

また体重1kgあたりトンカットアリ100〜250mgを90日間という長期間服用する実験を同じく白ラットでしたそうですが、副作用や中毒症状は見られず、血液状態も正常で通常の健康状態を維持し続けたそうです。

このようにトンカットアリ副作用はありませんが、健康食品として摂る場合には注意が必要です。

原材料や加工の過程は製造業者によって違うので、トンカットアリ副作用が無いとしても体質に合わないと感じたときは直ぐに服用を中止しましょう。

また投薬治療などを行ってる場合はちゃんと医師に相談してからにしましょう。

トンカットアリと他の薬との併用で症状の悪化などは報告されていませんが、万が一の場合もあります。

より安全にトンカットアリを摂取するために医師に相談することが安全・安心に繋がります。